GDPRコンプライアンス


GDPRについて

国際データ保護規則(GDPR)は、欧州連合(EU)が制定した規則で、データ保護に関する規則の統一と、EU市民のデータ保護やデータの安全性に対する意識を高めることを目的として定められています。本来、法律では、EU市民が個人情報を管理することを認めています。GDPRは、情報を使用する会社がEU加盟国内の会社であるかどうかに関わらず、EU市民が情報を利用する際に適用されます。そのため、GDPRは、国際的な情報の収集、処理、使用、共有方法に大きな影響を与えることが予想されます。

この規則への準拠期限は、2018年5月25日です。


BluebeamのGDPRへの準拠について

最近数カ月の間に、Bluebeamは期限までにGDPRに準拠するための必要な措置を講じてきました。Bluebeamにとって、この規則に完全に従うことは重要なことです。Bluebeamは、世界中のお客様と販売代理店にとって信頼のおけるパートナーであり続けます。


GDPRに準拠するためにBluebeamが取った措置について

Bluebeamは、GDPRに準拠するために、以下の重要な措置を講じました。

  • Bluebeamプライバシーポリシー、Revu EULA、Studio利用規約を含む、社内と社外向けの方針と手順を更新しました。プライバシーポリシーの更新は、(1)弊社の情報の収集方法と使用方法を明確にすること、(2)弊社がクッキーとその他のトラッキング技術をどのように使用するかを詳しく説明すること、(3)弊社公認のパートナーとサードパーティープロバイダーとの情報共有方法を明確にすること、および(4)個人情報のアクセス方法と更新方法、ならびに個人情報の収集や使用に関するオプトアウトについて明確にコミュニケーションを取ることを目的として行われました。
  • 新規ユーザーと既存ユーザーの双方がすべての該当する利用規約を認識し、明確に同意するように、Revu EULAとStudio利用規約で認められている内容が変更されました。
  • Bluebeamの製品とサービスに関するサポートを行っているすべてのサードパーティーサービスを監査し、該当するプライバシー管理基準と安全管理基準に従い、必要なプライバシー管理基準と安全管理基準を設けていることを確認しました。
  • EU-米国間とスイス-米国間のプライバシーシールドプログラムに参加して、欧州委員会とアメリカ合衆国商務省は、EUやスイスから米国に個人情報を送るときに、GDPRに準拠する方法を企業に提供するフレームワークを策定しました。
  • 個人情報の管理に関する社内管理を更新しました。

Bluebeamのカスタマーとして受ける影響について

Bluebeamのソリューションを使用することで、ユーザー情報ばかりでなく、RevuやStudioで管理しているその他のユーザー情報も保証されるため、国際的なデータプライバシー規制に準拠することができます。上記で述べた通り、必要な変更を加えたため、データの場所に関わらず、Bluebeamは必要な要件に完全に従うことができます。

ご質問がある場合は、privacypolicy@bluebeam.comまでメールでお問い合わせください。

Bluebeam 電子メール配信登録

Bluebeam のニュース、製品の更新情報、ヒントとテクニックの情報、特別な公開資料を得るには、以下に電子メールアドレスを入力し、配信登録対象を指定してください。

メールアドレス

recaptcha にチェックを入れてください

プライバシーポリシー

ニュースレター